CPDS講習会

CPDSとは?

 社団法人全国土木施工管理技士会連合会(以下連合会)の継続学習制度(以下CPDS、ContinuingProfessionalDevelopmentSystemの略)です。

 技術力向上のための講習などを受けた場合に、学習履歴を連合会に登録しておき、 必要な際に連合会が学習履歴証明書を発行するシステムです。「継続教育」とも呼ばれます。

 講習を受け、連合会に登録(有料です)した履歴は「ユニット」という単位で管理されます。
(学習履歴登録の対象になるのは、連合会の認定を受けた講習会のみです)


総合評価入札の評点アップに!

 総合評価入札方式では、CPDSの学習履歴の有無が、評点をつける際に考慮されます。よって、学習履歴を持つ代理人がいると入札に有利に!
 また、要請に応じて「課題への視点・考え方」「技術提案の書き方」なども講習会内容に盛り込みます。
 評点アップに、二重にお役立てください。

開催パターン

※ダブルクリックでは、1日 3ユニット〜6ユニットを 6,000円〜の費用で開催いたしております。
※ただし、受講人数・会場・担当講師・内容により、価格が代わります。
※詳細はご相談ください。お問い合わせフォームまで、お気軽にどうぞ。

copyright wclick inc. all right reserved